出会い系サイトなどで、SNSに変わった出会い系サイトなどと聞きますが、実際に行ってみるとログインをしてから相手に対してメールを送るので、どう考えても出会い系サイトとして何も変わっていない・・・ようにしか思えなかったりします。
ですが、実際はそうでもありません。

そのような形式の出会い系サイトになっているので、例えば、コミュニティに参加していないとメールを送れない相手であったり、特定のサークルのようなコミュニティに参加していないと、コメントができないルームと言うものがあったりします。
それ以外での変更点はないの?といわれると、殆どないのが最近のコミュニティ対応型の出会い系サイトというものです。

ただ、一般的な出会い系サイトとは違って、新しいツールが使われていますので、例えばゲームなどを楽しめるような作りになっていたりしますし、また、出会い系サイトだけでなくコミュニティサイトとしても使われているので、例えば、情報交換だけで使われているケースもあります。

Mixiでもそうでしたが、基本的にコミュニティサイトでは友人をネットで作りやすいのと、紹介制があるので知らない人が紛れ込んでくる確率は低いです。
どうして出会い系サイトで大手のところだとコミュニティ仕様にしているのか?と言うと、まさにその紹介制の部分が便利だからでしょう。

具体的には、出会い系サイトのサクラ対策です。
先ほどの紹介制と言うのは、出会い系サイトを通じて出会ってみたい相手であったり、単純に既に知っている相手(メールアドレスなどの情報)に対して、紹介用のメールを送って承認されると出会い系サイトが使えます。

正確にはコミュニティが使えるのですが、このような方法で出会い系サイトを使ってみると、ほとんどサクラなどが入ってこられない作りになっていますし、出会いなどを目的としているユーザーについてはコミュニティの権限で、リーダーが除去をするのも可能なのです。
このような利用制限がコミュニティサイトの強みですね。

Comments closed.